本日の様子

新規日誌8
12345
2024/04/12new

4年生 体育科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by syutan
係の号令に合わせて準備運動を行いました。
その後、リレーや鬼ごっこをして楽しく体を動かしました。



10:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/11new

5年生 算数科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 4年生の復習から行っています。「あぁ、これって…」などのつぶやきが聞こえました。
 思い出しながらしっかり問題に取り組んでいることがよくわかりました。


12:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/11new

5年生 道徳科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 新学年になって初めての道徳科の授業です。まず、「道徳とは何か」について話し合いました。
 その後、先生の読み聞かせを通して、道徳を学ぶ必要性についても考えていきました。


11:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/11new

1年生 生活科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 学年花壇のチューリップを観察し、プリントに観察したことを記録していきました。
 「いいにおいがするよ」「いろいろな色があるんだね」など、自分の気付きを伝え合うすてきな場面をたくさん見ることができました。


11:47 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/11new

4年生 図画工作科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 今日は、ぼう人間を描くことを通して、自分が表現したいことを伝える学習に取り組みました。
 オリジナル性にあふれた作品がたくさん出来上がりました。


11:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/11new

5年生 外国語科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 今日は授業のオリエンテーションを行った後に、気持ちを表す言葉について学習しました。
 今後は、言葉を学ぶだけでなく、話す速さやジェスチャーなどを工夫して、外国語のコミュニケーションを豊かにしていきます。


11:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/10new

2年生 国語科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 初めの教材文「ふきのとう」に出てくる言葉の意味を確認した後、教材文をノートに視写しました。
 どのおおぶっ子も先生から指示された約束を守り、丁寧に視写することができました。


09:36 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/09

6年生 給食の時間

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 本年度初めての給食です。
 今日もとてもおいしい給食でした!みんな笑顔です。


18:39 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/09

3年生 国語科の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 新学年になって初めての国語の授業でした。
 ノートの使い方をはじめ、授業中のルールや授業の進め方などについての確認がありました。


11:46 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2024/04/09

1年生の授業

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 どの学級も先生の指示をしっかり聞いて、活動することができています。
 すてきな姿にあふれています。


11:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2024/04/05

校長室から 始業式式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri


 始業式でこどもたちに次のような話をしました。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 さて、始業式に際して、校長先生は少し難しいお話をしたいと思います。それは、これ(色紙の言葉を見
せる)です。習ってない漢字だなあと思った人も多いでしょう。「こころざし」と読みます。辞書などで調
べると「ある方向に向かう気持ち」などと書かれています。わかりやすく言えば○○しようという気持ち、こ
んなところでしょうか。ただ、「むやみに変わることのない気持ち」「目的を定め、その実現のために努力
しようという気持ち」とも書かれています。ここが大切です。やりたいことがあるならば、なりたい自分が
あるならば、ちょっとやそっとのことでへこたれずに、努力していく気持ちをもつ。そのような気持ちが
「志」なのです。
 新しい学年が始まります。おおぶっ子のみなさんには、ぜひこの「志」をもって新学年をスタートしてほ
しいのです。人はいつでも、望んだ自分に変えることができます。そのためにも、目的に向かって進む、強
くしなやかな気持ち、まずはそんな気持ちをもってほしいと願って、ちょっと難しい「志」の話をしました。
もちろん、校長先生も「志」をもって、大府小学校の教育をみなさんとともに進めていきます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 本年度も変わらぬご支援をお願いします。
09:53 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/05

令和6年度 校長あいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri


 本年度も「自立の礎を築く」を教育目標として、教職員一同、心と力を合わせて大府小学校の教育に
励んでまいります。何とぞよろしくお願いいたします。
 さて、最近ときどき耳にする言葉に「ウェルビーイング」という言葉があります。定義はさまざま
あるようですが、共通しているのは「その人にとって持続的によい状態にある」ことです。この定義を
ふまえると、こどもたちが学校でウェルビーイングであれば、いじめや不登校はなくなるはずです。保
護者のみなさまや地域が、学校に対してウェルビーイングであれば、いつも学校を誇りに思っていただ
けるはずです。さらに、教職員がウェルビーイングに働いていれば、使命感とやりがいに満ち溢れ、笑
顔でこどもたちと過ごしているはずです。人と人とのつながりを大切にしながら、こどもたちも教職員
も共に成長を実感できる、そんなウェルビーイングな学校を目指してまいります。
 本年度も、保護者、地域の皆様の変わらぬご支援をいただきますよう、よろしくお願いいたします。                    
                                    (校長 伴 浩人)


08:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式⑥

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 児童会長からの歓迎の言葉の後、6年生からすてきな歌のプレゼントがありました。


15:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式⑤

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri


15:18 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式④

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 式の中で、しっかりお話を聞くことができました。一人一人の姿が立派でした。


15:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式③

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 6年生のお兄さん、お姉さんと手をつなぎ、晴れやかな顔で入場です。


15:04 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式②

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri


14:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/04/04

令和6年度 入学式①

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri
 春らしいおだやかな天候のもと、107人の新たなおおぶっ子を迎えました。


14:38 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2024/03/22

修了式 校長式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 修了式でこどもたちに次のような話をしました。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   
 先ほど学年の代表の人に修了証を渡しました。修了証というのは、その学年の一年間の学習内容、生活
に関することを修めることができたという証明書です。つまり、次の学年に進むための切符のようなもの
です。受け取った切符の内容を確かめながら、次のスタートへの準備をしっかり行ってほしいと思ってい
ます。
 さて、明日から新しい学年が始まるまでの間、やや短めのお休みに入るわけですが、ここでみなさんに
しておいてほしいことがあります。「さっき言った次の学年の準備でしょ」と思った人、半分正解です。
次の学年の準備をする前にやっておいてほしいことです。それが「自分研究」です。自由研究だったら聞
いたことがあるけど、自分研究なんて知らないなぁ、と思った人が多くいると思います。今から具体的に
説明しますね。
 例えば、「自分はどんなときにうれしくなる人なんだろう」と考えるんです。逆に「自分はどんなとき
にいやな気持になることが多いだろう」でもいいし、「自分はどんなタイプの人と友達になることが多い
だろう」などもいいですね。とにかく自分の考え方や感情、気持ちを分析、つまり振り返って考えてみる
んです。そして、考えた内容を紙などに書き出します。書き出すことで、分析した結果が残ります。結果
を残すことで、さらに自分研究を深めていくことができます。校長先生が一番おすすめする方法は、日記
です。日記を書くことは、自分研究そのものだと思っています。日記は苦手だなぁという人も、短い文で
構いません。分析した自分をどんな紙でもよいので書き残しておきましょう。こうして、自分がよくする
考え方や好き、嫌いの感情などを整理して積み重ねていくと、学習でも生活でも自分をレベルアップさせ
やすくなります。今の自分がどんな自分が知った上で物事に取り組めるようになるので、自分を成長させ
やすいんですね。だからこそ、次のスタートの準備をする前に行っておいてほしいのです。校長先生の言
う「自分研究」、学年が上がるこの時期に、ぜひ取り組んでください。

 それでは、みなさんが前向きな気持ちと「やるぞ」という決意をもって新年度を迎えることを大いに期
待をしています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 終わり始まりのこの時期だからこそ「自分研究」が大切だと考えています。
 4月のスタートがよいものとなるように、学校もしっかり「自分研究」を行い準備をいたします。
 本年度いただきました多大なるご支援に心から感謝申し上げます。
 令和6年度も、変わらぬご支援をお願いいたします。
12:19 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2024/03/19

卒業式 校長式辞

Tweet ThisSend to Facebook | by kanri

 本日の卒業式で、卒業生に次のように話しました。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   
 さて、私は皆さんと三年間、この大府小学校で学校生活を共にしました。この間、みなさんにはさまざ
まなメッセージを伝えました。今日は最後のメッセージとなります。あらためて三つお話しします。
 まず一つ目は、たくさんの失敗をしてほしい、ということです。卒業式というおめでたい式で失敗しろと
は何事だ、と思う人もいるかもしれません。でも聞いてほしい。失敗したということは挑戦したということ
です。怖かったけれども、不安だったけれども足を踏み出したということです。以前皆さんにお話しした
「黒色の反対は白色ではない」という話を覚えているでしょうか。黒色も白色も色がついているということ
では同じです。だから、すべての色の反対は無色透明だという話です。同様に、成功も失敗も挑戦したとい
うことでは同じです。その成功や失敗と全く反対に位置するものが「何もしない」ということです。私は、
みなさんに何もしない人にはなってほしくない。不安があろうとも、やってみる人になってほしいのです。
失敗上等、どんとこい!です。今後も、失敗を経験に変えて進んでいける、そんな人であってほしいと思っ
ています。これが一つ目です。
 二つ目は、行いで示せる人になってほしい、ということです。例えば、思いやりについて、雄弁に語る人
ではなくて、あなたの周りにいるかもしれない元気がない人に「どうしたの」と一声かけることができる人
であってほしいのです。環境問題を詳しく解説できること以上に、落ちているごみをサッと拾うことができ
る人であってほしいのです。ルールやマナーの大切さをみんなに呼びかけ行動するのと同じように、トイレ
のスリッパをそろえることができる人であってほしいのです。もちろん、言葉は大切です。言葉でこそ伝え
ることができるものがあります。ただ、言葉以上に人はあなたの行いを見ています。「誰も見ていない」
と思う場面でも、そこでとった行動は他の人に伝わるものなのです。不思議なことですが、日ごろの行い、
ふるまいは、言葉以上にその人の姿からにじみ出るものだと思います。ですから、みなさんには行いを大切
にしてほしいのです。言葉を丁寧に扱い、前向きな言葉を自分のエネルギーとするなど言葉の力を借りなが
らも、行いで示していく。そんな素敵な人になってほしいと願っています。
 最後三つ目は、魔法の言葉「ありがとう」が、口癖になっている人であってほしいということです。これ
も以前、人の心に一番届く魔法の言葉が「ありがとう」だとお話したことがあります。「ありがとう」は、
誰に対しても、どんなことについてでも、短く簡単に伝えられる魔法呪文のような言葉です。口癖にしやす
く、かつ受け取った人が幸せな気持ちになる言葉です。しかも、誰でも今すぐに身につけることができる魔
法呪文だと思っています。ぜひ、「ありがとう」が口癖になっている人になってほしいと願っています。も
う一つ、「ありがとう」について、大切なことを一つ付け加えておきます。この魔法の言葉は、使った後、
使った人自身もとても幸せな気持ちになります。まさに、あなたも幸せ。私も幸せです。
 以上、三つお話をしました。今後どんなに厳しい世界であっても、みなさんが強くしなやかに生きていけ
るよう、私はずっとみなさんを応援しています。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 卒業生に幸多かれと、心から願っています。
14:36 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345

新着情報